【リライト】オリジナルロングカクテルの考え方【ヤマシタシ自己流】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロングカクテルの型

 最近、ロングカクテルの修業をしたおかげで、いくつかの型を見つけることができたので紹介したいと思います。

 ①簡単型(アルコールと副材料だけの組み合わせ)

 ②スプモーニ型(アルコールとグレープフルーツジュースとトニックウォーターの組み合わせ)

 ③スリング型(スピリッツとリキュールとレモンジュースと炭酸の組み合わせ)

 ④フィズ型(アルコールとレモンジュースとシュガーシロップと炭酸の組み合わせ)

 1つずつ解説していこうと思います。

①簡単型

 この型はアルコールと副材料を組み合わせたものです。材料はだいたい2種類です。なので簡単に作ることができます。

 炭酸水やトニックウォーターやジンジャーエールが使われることが多いです。有名なところだと、ハイボール、ジントニック、モスコミュールなどがあげられます。

 また、柑橘系のジュースが使われるときもあります。有名なところだと、スクリュードライバー、テキーラサンライズなどがあげられます。

ハイボール

 ・ウィスキー・・・60ml

 ・炭酸水・・・グラスいっぱい

ジントニック

 ・ジン・・・60ml

 ・トニックウォーター・・・グラスいっぱい

スクリュードライバー

 ・ウォッカ・・・60ml

 ・オレンジジュース・・・グラスいっぱい

テキーラサンライズ

 ・テキーラ・・・60ml

 ・オレンジジュース・・・グラスいっぱい

 ・グレナデンシロップ・・・底に沈めるぐらい

モスコミュール

ヤマシタシ的レシピ

 ・ウォッカ・・・60ml

 ・ジンジャーエール・・・グラスいっぱい

 ●日本バーテンダー協会レシピ

 ・ウォッカ・・・45ml

 ・ライムジュース・・・15ml

 ・ジンジャービア・・・適量

ヤマシタシ的作り方

 グラスで材料を混ぜるだけです。

 作り方には以下のポイントがあります。

 ・材料をよく冷やしておきます、ウォッカは冷凍しておきます。

 ・氷が溶けにくいように、ロックアイスを使います。

 ・ジンジャエールの炭酸が飛ばないように、氷を避けて注ぎます。

 本式ではジンジャービアというショウガ、酒石酸、砂糖を混ぜたシロップを発酵させて作ったものを使うらしいです。しかし手に入らないのでジンジャーエールで大丈夫です。

ヤマシタシ的感想

 ウォッカ60ml入っているので、飲みごたえは抜群です。まさにラバに蹴飛ばされるようなカクテルです。甘口のジンジャーエールだと甘くなりすぎてしまうので、ヤマシタシ的に辛口のジンジャーエールを使うのが好みです。

②スプモーニ型

  この型はアルコールとグレープフルーツジュースとトニックウォーターの組み合わせです。材料からわかるように味はすっきり目です。有名なところだと、スプモーニ、チャイナブルーがあげられます。

スプモーニ

 ・カンパリ・・・60ml

 ・グレープフルーツジュース・・・グラス半分

 ・トニックウォーター・・・グラス半分

チャイナブルー

 ・ライチリキュール・・・60ml

 ・グレープフルーツジュース・・・グラス半分

 ・トニックウォーター・・・グラス半分

 ・ブルーキュラソー・・・色付け程度

③スリング型

  この型はスピリッツとリキュールとレモンジュースをシェイクして、さらに炭酸水と組み合わせたものです。ロングカクテルの中で難易度が高いです。有名どころだとシンガポールスリングがあげられます。

シンガポールスリング

ヤマシタシ的レシピ

 ・ジン・・・20ml

 ・チェリーリキュール・・・20ml

 ・レモンジュース・・・20ml

 ・炭酸水・・・グラスいっぱい

  ●日本バーテンダー協会レシピ

 ・ジン・・・45ml

 ・チェリーリキュール・・・20ml

 ・レモンジュース・・・20ml

 ・炭酸水・・・適量

ヤマシタシ的作り方

 まずは炭酸水以外をシェイクします。

 次に炭酸水を注いで、ステアします。

 作り方には以下のポイントがあります。

 ・材料はよく冷やしておきます、ジンは冷凍しておきます。

 ・氷は溶けにくいように、ロックアイスを使います。

 ・炭酸が飛ばないように、氷を避けて炭酸水を注ぎます。

 ・炭酸が飛ばないように、ステアしすぎないようにします。

 総量と比率ですが材料が3つなので、以下のルールを守ります。

 ・材料の総量は60ml

 ・材料の比率は1:1:1

ヤマシタシ的感想

 味はチェリーリキュールの甘酸っぱさが前面に出てきます。さらにレモンジュースと炭酸が入っているので、すっきりと飲むことができます。チェリーリキュールを色々なリキュールに変えることで応用が利きそうです。

④フィズ型

  この型はアルコールとレモンジュースとシュガーシロップをシェイクして、さらに炭酸水と組み合わせたものです。 スリング型との違いはシュガーシロップの有無です。 ロングカクテルの中で難易度が高いです。有名どころだとジンフィズがあげられます。

ジンフィズ

ヤマシタシ的レシピ

 ・ジン・・・40ml

 ・レモンジュース&シュガーシロップ・・・20ml

 ・炭酸水・・・グラスいっぱい

 ●日本バーテンダー協会レシピ

 ・ジン・・・45ml

 ・レモンジュース・・・20ml

 ・砂糖・・・10ml

 ・プレーンソーダ・・・適量

ヤマシタシ的作り方

 まずはジンとレモンジュースとシュガーシロップをシェイクします。

 その後、グラスで炭酸水と混ぜます。

 作り方には以下のポイントがあります。

 ・材料はよく冷やしておきます。

 ・氷は溶けにくいようにロックアイスを使います。

 ・炭酸水と混ぜるときは、炭酸が飛ばないように軽くステアします。

 総量と比率ですが材料が2つなので、以下のルールを守ります。

 ・材料の総量は60ml

 ・材料の比率は2:1

ヤマシタシ的感想

 飲んでいるときは甘くて、後味はすっきりしています。シュガーシロップが入っていますが、レモンジュースが味を引き締めてくれます。ちょうど缶チューハイのレモン系を甘くしたような感じの味です。その系統が好きで、初めてカクテルを飲むという人にもおすすめです。

オリジナルロングカクテルの考え方へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました