【カクテル】アレキサンダー【まろやかなカカオの甘み】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

由来

 イギリス国王エドワード7世のアレキサンドラ王妃に捧げられたカクテルと言われています。カクテルの名前も初めはアレキサンドラと女性名でした。それがいつしかアレキサンダーと変化したようです。

  酒とバラの日々ではある妻が夫からこのカクテルを勧められ、アルコール依存症に陥っていく姿が描かれています。

ヤマシタシ的レシピ

 ・ブランデー・・・20ml

 ・カカオリキュール・・・20ml

 ・生クリーム・・・20ml

 ●日本バーテンダー協会レシピ

 ・ブランデー・・・30ml

 ・カカオリキュール・・・15ml

 ・生クリーム・・・15ml

ヤマシタシ的作り方

 全ての材料をシェークするだけです。

 作り方には以下のポイントがあります。

 ・材料はよく冷やしておきます、ブランデーは冷凍しておきます。

 ・氷が溶けにくいように、ロックアイスを使います。

 ・生クリームを使うので、よくシェイクします。

 総量と比率ですが材料が3つなので、以下のルールを守ります。

 ・材料の総量は60ml

 ・材料の比率は1:1:1

ヤマシタシ的感想

 カカオリキュールの香ばしい甘さを感じます。ブランデーを使うので、アルコール度数はそこそこ強いです。でも生クリームを使うので、クリーミーで飲みやすいです。甘くて強いカクテルが好きな人にはお勧めです。

バリエーション

  ベースのスピリッツを変更することで、プリンセスメアリーとバーバラとパナマになります。味はジンとウォッカがすっきりしているので、少し風味が軽くなります。アレキサンダーが濃厚すぎるという人は試してみてください。パナマはラムの独特の風味が追加されるので、ラム好きな人は試してみてください。

プリンセスメアリー(ブランデーをジンに変える)

 ・ジン・・・20ml

 ・カカオリキュール・・・20ml

 ・生クリーム・・・20ml

バーバラ(ブランデーをウォッカに変える)

 ・ウォッカ・・・20ml

 ・カカオリキュール・・・20ml

 ・生クリーム・・・20ml

パナマ(ブランデーをラムに変える)

 ・ラム・・・20ml

 ・カカオリキュール・・・20ml

 ・生クリーム・・・20ml

お酒の紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました