【番外編】キュベ ドゥ シャトー【バーレイワイン】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

 最近、ビールの図鑑という本を買って、勉強し始めました。

 その中で、バーレイワインという種類のビールがあることを知り、飲んでみようと思いました。

バーレイワインとは

 バーレイワインとは直訳すると、麦のワインです。ワインといわれるほど度数が高く、10%以上あります。イギリスのビールのスタイルの1つです。

 ただ今回のキュベ ドゥ シャトーはベルギービールなので、バーレイワインとは微妙に違います。ベルギービールの分類ではおそらく、ベルジャンスタイル ダークストロングエールに当たると思います。アルコール度数の強い、上面発酵ビールという点では似ています。

ヤマシタシ的感想

 色は真っ黒です。泡はクリーミーです。飲むと最初は炭酸の刺激を感じます。味は苦みが少なく、甘みが残ります。炭酸と甘みのおかげで強いアルコール度数を感じず、飲むことができます。味わいが深いので、常温でゆっくりと飲むのがおすすめです。

お酒&本の紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました