【モクテル】ノンアルジンフィズ【カクテルテクニックの集大成】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

由来

 フィズ(Fizz)とは炭酸が弾けるシュッという音の擬声語と言われています。

 フィズとはカクテルのスタイルの1つで、ラムやブランデーに変えると、ラムフィズ、ブランデーフィズになります。

 ノンアルコールジンNEMAとは日本初のノンアルコールジンです。正直、ジュニパーベリーよりもバラとスパイスの風味が強いです。

ヤマシタシ的レシピ

 ・ノンアルコールジン・・・20ml

 ・レモンジュース&シュガーシロップ・・・10ml

 ・炭酸水・・・グラスいっぱい

ヤマシタシ的作り方

 まずはノンアルコールジンとレモンジュースとシュガーシロップをシェイクします。

 その後、グラスで炭酸水と混ぜます。

 作り方には以下のポイントがあります。

 ・材料はよく冷やしておきます。

 ・氷は溶けにくいようにロックアイスを使います。

 ・炭酸水と混ぜるときは、炭酸が飛ばないように軽くステアします。

 総量と比率ですが材料が2つなので、以下のルールを守ります。

 ・材料の総量は30ml

 ・材料の比率は2:1

ヤマシタシ的感想

 ノンアルコールジンNEMAのバラとスパイスの風味が強いです。そこにレモンの酸味とシュガーシロップの甘さと炭酸の刺激が加わって、とても飲みやすいです。味だけでいったら、普通のジンフィズよりも美味しいかもしれません。アルコールは入っていませんが、上等なジンの味がするような気がします。

商品の紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました